4月15日 入川の祭

DSC_0509-1.jpg

入川の幟を見て、神社の方まで歩いてみました。

時間が悪かったのか、何も芸能は見られませんでしたが、

こちらには太鼓と神輿が伝わっています。

DSC_0511-1.jpg


JUGEMテーマ:写真


4月15日 石名の祭



石名には、祭で奉納する芸能がありません。

石名のもんは「煮る炊く祭」と言っておりました。

煮しめを煮て、赤飯を炊くだけの祭。

関集落も、ちょっと前まで「煮る炊く祭」をやっておったのですが、

石名のもんの話を聞いて、

なんかせんなんなぁ・・・と、ぼんやり考えたことを覚えています。



JUGEMテーマ:写真


4月15日 千本の祭

DSC_0462-1.jpg

遅くなりましたが、4月15日の千本祭です。

太鼓の音につられて、集落の中へ。

DSC_0463-1.jpg

まずは神社へ。

海岸端にも、神社にも幟を上げておるんですね。

DSC_0464-1.jpg

よそのもんですが、よろしゅう頼んます。

DSC_0467-1.jpg

門付しとる鬼太鼓を発見。

DSC_0469-1.jpg

鬼の面をとると、同級生でした。

「夜勤あけでキツい!」

職業:消防士、そのために毎日鍛えとるんだろうが!!←違います

DSC_0471-1.jpg

門付は、次の家へ。

まずは、ようかんを1ついただいて。

DSC_0472-1.jpg

家の前で、鬼太鼓がはじまります。

DSC_0484-1.jpg

子どもの鬼が撮りてぇんだよな〜。

「おい、次は子どもらちがやれよ!」

同級生なので、ごむしん(訳:お願い)がききます。

DSC_0485-1.jpg

裏を叩いておるのは、この家のじい。

うまいな〜。

DSC_0489-1.jpg

子鬼2人目。

DSC_0491-1.jpg

DSC_0493-1.jpg

子鬼、家の中へもサービス。

DSC_0496-1.jpg

DSC_0497-1.jpg

DSC_0498-1.jpg

DSC_0499-1.jpg

DSC_0504-1.jpg

DSC_0505-1.jpg

DSC_0506-1.jpg

門付は、次の家へ。

だんだん、よそへも行かんなんし。

千本の写真は、ここまで。

DSC_0508-1.jpg

浜へ出ると、子鬼2人が遊んでおりました。

打ち上げられたウミガメ(死んでます)に、石など投げておる様子。

「こらー!いじんなよー!!」

とうちゃんに怒られて、走って戻る子鬼。

この2人は、北片辺集落から手伝いに来ております。



JUGEMテーマ:写真


囚われのスミレ



法面に咲くスミレが、金網越しに見えて、

まるで囚われの姫のようで。

姫を助けに走るのは、

マリオかアーサーか。←ファミコン世代です

スミレはアルパ・アジールにも見えるなぁ。←ガンダム世代でもあり



JUGEMテーマ:写真


ミズバショウの咲く道



「もういやだ。どこかへむぐってしまいたい!!」

ストレスが溜まっていたのでしょう、

車に乗り込むと、足は赤玉・杉池へ向かっていました。

昨年も、同じ時期に訪れておることを思うと、

木の芽時の症状なのかもしれません。


杉池の手前、歩道を行くとミズバショウの池がありました。

小さな池ですが、ミズバショウ満開。

今年の赤玉杉池祭は5月22日。

その頃には、もうミズバショウの花は見られませんが、

霧に包まれた風景を楽しむことができると思います。

杉池祭については → こなへんここいら

写真のつづきは、後ほど。



JUGEMテーマ:写真


趣味

長男が生まれたときに、

「やはり、それなりに良いカメラを」

などと、デジタル一眼レフNikon D70を(安かったので)購入し、

現場写真やら、風景写真やらを撮影していましたが(あれ、子ども写真は?)、

最近、少しずつですが、目の前の光景を見たままに写すことができるようになり、

写真が好きになってきた気がします。

PHOTOHITOという写真共有サイトに登録して、

あれこれ人の写真を見ておるのですが、

こうしゃなもんが、よぉけぇおるもんらの〜。
(訳:上手な人が、たくさんいるもんだ。)

まっと勉強せんなんわ。


JUGEMテーマ:photo


水平環

お昼前、天気が良かったので関の寒戸さんへお散歩。

「おとうちゃん、まっすぐな虹が出とる!!」

長男(小1)が、あわてて呼びに来ました。



環水平アークと呼ばれる現象で、

まっすぐ横に伸びる虹。

山から山へ、虹の橋がかかったよう。

おぉ〜、すげーなぁ。おめぇが見つけたんか?

「うん、いちばんに見つけた!」



こちらは、虹が見やすいようにと露出限界(EV-5.0)まで下げた写真。

手前の影は山です。

こんな時に限って広角レンズを置いてきてて(あんな重いの持って子守りはできん)、

フレームに収まりきらんかったです。


数年前に環天頂アーク(逆さ虹)は見たのですが、

こちらは初めて。

ただ、一番驚いたのは、

長男に『虹がまっすぐ伸びることは珍しい』という認識があったこと。

ふざけてちんちん出して歩いとっても、もう小学1年生なんだなぁ。



これは、長女(小3)がオモチャみたいなカメラで撮影した、

「まっすぐの虹と見切れたおとうちゃん」

いいところ撮ってるなぁ。

こんじな絵で追いつかれましたが、写真でも父を超えて行きそうです。


JUGEMテーマ:photo


金泉中学校の桜

DSC_0997-1.jpg

母校ではないのですが、

校舎が可愛らしくて、校庭にはいつも花が咲いていて、

大好きな学校でした。

平成15年3月に閉校となりましたが、

今も花咲く校庭は、地元の方に手入れされています。

DSC_1006-1.jpg

DSC_1007-1.jpg

DSC_1010-0.jpg

DSC_1010-1.jpg

DSC_1012-1.jpg

DSC_1014-1.jpg

DSC_1015-1.jpg

DSC_1019-1.jpg

DSC_1020-1.jpg

DSC_1022-1.jpg

DSC_1025-1.jpg

DSC_1030-1.jpg

DSC_1034-1.jpg

DSC_1035-1.jpg

DSC_1037-1.jpg

DSC_1043-1.jpg

DSC_1047-1.jpg

DSC_1050-1.jpg

DSC_1057-1.jpg

DSC_1058-1.jpg

DSC_1069-1.jpg

近くを散歩していたネコ。あんたも花見だかや。


ずっと、締切りに追われ死ぬ目におうとりまして(今もですが)、

一度も花見をしておりませんでした。

ちょっとだけ時間がとれたもんで、花見をさせてもろうて良かったです。

さて、と。お仕事せんなんわえぇ〜。

後藤さん



子どもは正直。

問うた私がバカでした。

博士も、人形さえなければ男前なんですけど。




花の寺(南片辺)





椿、水仙、たんぽぽ、桜。

花咲くお寺は県道端から見られるので、

この季節は、ここを通るのが楽しみです。


JUGEMテーマ:写真