イワユリ

イワユリ1

イワユリ2

イワユリ3

イワユリ4

イワユリ5

イワユリ7

イワユリの花は、

採ると海の神さんに怒られるんで、

採ってはいけません。

カンゾウの花

カンゾウの花

 佐渡のカンゾウと言うと、


  大野亀 ドーン!

  カンゾウ ドーン!

  黄色のじゅうたん ドーン!!


 などと、勢い重視なイメージがありがちですが、

 甘草の花は、

 小ぶりな若い花の、

 ぽつぽつと岩間に咲く姿が、

 キレイなんだよなぁ。

ヨーラメの蕾

ヨーラメの蕾

 佐渡では、カンゾウのことを「ヨーラメ」と言います。

 ヨー = 魚
 ラメ = 卵

 カンゾウの花が咲く頃には、

 海でタイが卵をはらんでいることから、

 ヨーラメ = カンゾウ


 地域の言葉には、

 その土地の気候や生活習慣が詰まっています。


 蕾が、魚の真子(卵巣)に見えなくもないなぁ、

 とか思って見ていたら、

 長男(5才)は、

「これ、バナナ?」

 ん〜、アリさんもバナナ食べに来たのんかなぁ、

 甘いのんかなぁ。

佐渡金山遺跡が世界遺産暫定リストに登録されました。

垂れ幕

岡田ジャパンの活躍で、

忘れられてしまいそうですけど、

6月14日夕方、

佐渡の金銀山遺跡群「金と銀の島、佐渡−鉱山とその文化−」が、

世界遺産暫定一覧表へ記載されることが決まりました。


なんとめでたい、祝杯を・・・

と、思ったら風邪をひいて寝込んでしまい、

サッカー分の祝杯も、現在おあずけ中です。


すでに石見銀山の登録があるので、

同じ類の佐渡金山の登録は難しいのでは?

などと言われていますが、

これまで、石見と抱き合わせ扱いだったのが、

佐渡単独でも価値があると認められたのは、

嬉しいことだと思います。


発表が遅い時間で、

市役所本庁舎に垂れ幕が出た頃には、

取材のもんてしかおりませんで、

なんとも静かなセレモニーでした。


世界遺産登録に向け、頑張ってる人たちもいます。

それに反対の人たちも、もちろんいます。

ただ、佐渡に住む、ほとんどの人たちは、

どっちでも良いとか、関係ないと思ってる気がします。

その、関係ない人たちを巻き込んでいけると、

また登録に向けて前へ進めるように思えるんですが・・・

佐渡金山の采配をふるのは、誰なんでしょう。

晩酌

晩酌

亀の手、

アラメの煮付け、

煮こごり、

あと、横文字のなんとかいう魚料理。


あんまり晩酌のつまみが豪華だったので、

最近なんかしたかな?

とか、

今日は祭か?

とか、

いろいろ考えましたが、

いただきものが重なったようで。

願の夕景2

願の夕景2

 シグマのDP1sというカメラが、

 後継機の発表から大暴落していまして、

 5月の連休に買ってしまいました。


 ここの写真をDP1sで撮ると、

 こんな感じ。


 すごくキレイに撮れるんですけど、

 えらい使いづらい曲者で、

 なんとか使いこなしてやろうと、

 毎日持ち歩いて練習中。

大野亀

大野亀1

 日本三大巨岩とも言われる大野亀。

 土曜日、お天気が良かったので、

 子どもたちを連れて行ってきました。

大野亀2

大野亀3

大野亀4

「つ〜か〜れ〜た〜。ソフトクリームたべる〜」

 おとうちゃんは、あっちで写真撮りたいんだよ〜。

「いやだ〜、あつい〜。ソフトクリームたべる〜」

 そんなこんなで、

 ゆっくり写真も撮れず、

 ソフトクリームを食べに行ったようなもんです。

 350円は高いなぁ、ソフトクリーム。

宵乃舞の欠点

京町音頭流し宵乃舞の欠点は、わりと分かりやすいとこにあります。

あれだけ大規模になったイベントなのに、

かかわるスタッフが少なすぎなんです。

いま、イベントを回してる担当者は、1人だけです。

本当であれば、チェック体制を作るとか、

フォロー体制を作るとか、

何か、実情に合わせた体制を作らなければならないと思います。

今年の本番で、

事務局の不備があって、

島外から来たのに、踊れない団体がありました。

本当に、申し訳ないと思います。

でも、観光協会が、もうちょっと利口だったら、回避できた問題なんです。

あいらちがバカだったばっけぇに・・・と、思うんですけど。


それはね、来年フォローできなかったら、追求せんと、ダメですよね。

観光協会がダメなのは分かってるんですけど、

そこと地元ととの話、

つめていかないと、ダメと思います。

そして、いま、やんべん酔うてます。

でも、確かな情報です。



ちょっとだけ、シラフでフォローします。

ミスしたのは担当者ですが、

悪いのは、それをチェックできなかったこと。

体制の問題です。

観光地相川がやたらと手薄で、

本部は両津に引きこもり。

観光協会の上の方は、

本当にバカなんじゃないかと思います。

関漁港

関漁港

 土曜の夜、通りかかった関漁港。

 地元で「かんのはま」と呼ばれているのは、

 「観音浜」のこと。


 釣り客と思われますが、

 夜なのに、けっこう人の姿が見られます。

宵乃舞(よいのまい)

カーブミラー

 6月5日(土)、相川京町「宵乃舞」のお手伝いへ。

 そわそわ〜ばたばた〜しているうち、

 見物せんうちに終わってしまいました。


 ほとんど写真も撮れんかったので、

 雪洞が映ってた、

 近くにあったカーブミラーだけ写真に。