2018.4.8 LIVE@Again ボーフラ

_DSC3657.jpg

 

この歳になって初めて、ライブハウスと名の付くところへ潜入いたしました。

 

この日は『善悪は大小じゃねえ!』という、優しいタイトルのライブが開かれておりまして、

 

天真爛漫少女、おしながき、マチカドラマ、GOOFIES、ボーフラの5バンドが出演。

 

みんなそれぞれに個性があって、とても楽しいライブでした。

 

中でも最高にカッコ良くて盛り上がったボーフラの写真です。

 

_DSC4365.jpg

 

_DSC4366.jpg

 

_DSC4367.jpg

 

 

_DSC4397.jpg

 

_DSC4404.jpg

 

_DSC4413.jpg

 

_DSC4442.jpg

 

_DSC4448.jpg

 

_DSC4458.jpg

 

_DSC4463.jpg

 

_DSC4471.jpg

 

_DSC4472.jpg

 

_DSC4473.jpg

 

_DSC4475.jpg

 

_DSC4476.jpg

 

_DSC4477.jpg

 

_DSC4489.jpg

 

_DSC4493.jpg

 

_DSC4498.jpg

 

_DSC4504.jpg

 

_DSC4508.jpg

 

_DSC4510.jpg

 

_DSC4522.jpg

 

_DSC4529.jpg

 

_DSC4534.jpg

 

_DSC4550.jpg

 

_DSC4565.jpg

 

_DSC4572.jpg

 

_DSC4576.jpg

 

_DSC4581.jpg

 

_DSC4586.jpg

 

_DSC4587.jpg

 

_DSC4589.jpg

 

_DSC4590.jpg

 

_DSC4591.jpg

 

_DSC4592.jpg

 

_DSC4595.jpg

 

_DSC4601.jpg

 

_DSC4602.jpg

 

_DSC4603.jpg

 

_DSC4604.jpg

 

_DSC4605.jpg

 

_DSC4607.jpg

 

_DSC4610.jpg

 

_DSC4611.jpg

 

_DSC4612.jpg

 

_DSC4614.jpg

 

_DSC4616.jpg

 

_DSC4618.jpg

 

_DSC4623.jpg

 

_DSC4627.jpg

 

_DSC4628.jpg

 

_DSC4629.jpg

 

_DSC4631.jpg

 

_DSC4632.jpg

 

_DSC4633.jpg

 

_DSC4638.jpg

 

_DSC4639.jpg

 

_DSC4640.jpg

 

_DSC4644.jpg

 

_DSC4653.jpg

 

_DSC4664.jpg

 

_DSC4667.jpg

 

_DSC4668.jpg

 

_DSC4671.jpg

 

_DSC4673.jpg

 

_DSC4674.jpg

 

_DSC4684.jpg

 

_DSC4697.jpg

 

_DSC4701.jpg

 

_DSC4709.jpg

 

_DSC4714.jpg

 

_DSC4723.jpg

 

_DSC4724.jpg

 

_DSC4779.jpg

 

_DSC4787.jpg

 

_DSC4800.jpg

 

_DSC4916.jpg

 

_DSC4947.jpg

 

_DSC4948.jpg

 

_DSC4950.jpg

 

_DSC4951.jpg

 

_DSC4952.jpg

 

_DSC4953.jpg

 

_DSC4954.jpg

 

_DSC4964.jpg

 

_DSC4971.jpg

 

_DSC4980.jpg

 

_DSC4997.jpg

 

_DSC4998.jpg

 

_DSC4999.jpg

 

_DSC5000.jpg

 

_DSC5001.jpg

 

_DSC5002.jpg

 

アゲインのステージは、とにかく客席と近かったです。

 

盛り上がってくると、どこまでがステージか分からなくなるくらい。

 

そのぶん一体感がスゴくて、出演バンドもお客さんも温かくて、ドキドキするけど居心地の良い空間でした。

 

 

帰りにマチカドラマのミニアルバムを買い求めまして、

 

先に買ってあったボーフラのCDと合わせて、通勤の車中で聴いています。良いです。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

 

八重桜の頃(相川寺町)

 

桜とか、ライトアップとか、お決まりの人が集まるところが、どうにも苦手です。

 

しかしこの八重桜というのは、みなが桜を忘れた頃に花をつけます。

 

取りざたされることもなく、ただ美しく咲いて、気がつけば花を散らしている。

 

誰かが見ててやらないと...そんな、放っておけない気持ちにさせてくれます。

 

_DSC2327.jpg

 

_DSC2328.jpg

 

_DSC2330.jpg

 

_DSC2333.jpg

 

_DSC2334.jpg

 

_DSC2335.jpg

 

_DSC2337.jpg

 

_DSC2350.jpg

 

_DSC2352.jpg

 

_DSC2353.jpg

 

_DSC2354.jpg

 

_DSC2355.jpg

 

_DSC2359.jpg

 

_DSC2360.jpg

 

4月28日の寺町でした。

 

翌日の椿祭で、調子にのって薄着で歩いていましたら、寒暖の差にやられて風邪をひきました。

 

八重とは言いませんが、あと一重か二重でも重ね着しておけば良かった。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:

 

2018.4.29 椿祭

_DSC2570.jpg

 

はじめて訪れた、椿の祭。

 

_DSC2398.jpg

 

椿の神社に着いたのは、お昼過ぎ。

 

この日は、おなじみの彼はじめましてのカメラマンさんとご一緒させていただきました。

 

強い日射しの照りつける、暑い日でした。

 

_DSC2414.jpg

 

門付で回っていたときに聞こえた「草履足りるかな」という言葉の意味は、あとで『佐渡祭譚』を読んで分かりました。
 

_DSC2458.jpg

 

鬼太鼓と言えば、高千の春祭、岩首の秋祭、新穂の夕映え市で観るのが恒例となっているのですが、

 

椿の鬼は、衣装も、動きも、どこの鬼とも違って見えます。

 

_DSC2483.jpg

 

_DSC2499.jpg

 

門付は、獅子が先に回り、その後を鬼太鼓が追いかけます。

 

_DSC2537.jpg

 

_DSC2545.jpg

 

_DSC2562.jpg

 

_DSC2581.jpg

 

_DSC2588.jpg

 

_DSC2592.jpg

 

獅子には、小さな子も、子連れのお母さんも入っていました。

 

_DSC2605.jpg

 

_DSC2608.jpg

 

 

_DSC2620.jpg

 

_DSC2628.jpg

 

_DSC2629.jpg

 

_DSC2636.jpg

 

_DSC2637.jpg

 

_DSC2639.jpg

 

_DSC2650.jpg

 

_DSC2687.jpg

 

_DSC2688.jpg

 

_DSC2692.jpg

 

_DSC2694.jpg

 

_DSC2698.jpg

 

_DSC2710.jpg

 

_DSC2711.jpg

 

_DSC2712.jpg

 

_DSC2713.jpg

 

_DSC2715.jpg

 

_DSC2716.jpg

 

_DSC2718.jpg

 

_DSC2719.jpg

 

_DSC2721.jpg

 

_DSC2723.jpg

 

_DSC2726.jpg

 

_DSC2732.jpg

 

_DSC2745.jpg

 

_DSC2747.jpg

 

_DSC2748.jpg

 

_DSC2749.jpg

 

_DSC2753.jpg

 

_DSC2754.jpg

 

_DSC2755.jpg

 

_DSC2757.jpg

 

_DSC2760.jpg

 

_DSC2761.jpg

 

_DSC2770.jpg

 

_DSC2772.jpg

 

_DSC2788.jpg

 

_DSC2815.jpg

 

_DSC2827.jpg

 

昭和元年生まれの92歳、太鼓名人のお宅へ参りました。

 

名人「叩いてみようかな」

 

_DSC2829.jpg

 

_DSC2841.jpg

 

_DSC2843.jpg

 

_DSC2850.jpg

 

_DSC2851.jpg

 

_DSC2869.jpg

 

鬼が2人目に交代しました。

 

名人「もうひとつ、やってみるか」

 

_DSC2875.jpg

 

_DSC2889.jpg

 

_DSC2890.jpg

 

_DSC2891.jpg

 

_DSC2904.jpg

 

_DSC2925.jpg

 

_DSC2932.jpg

 

_DSC2934.jpg

 

名人「腰がイテェ(笑)」

 

力強い裏打ちでした。

 

提灯持ちをしていた青年と世間話をしていると、椿の鬼太鼓は、一度途切れて復活したものだと教えてくれました。

 

その復活のときの太鼓の師匠が、この名人だったようです。

 

_DSC2935.jpg

 

_DSC2936.jpg

 

門付は、まだまだ続きますが、付いて歩けたのはここまで。

 

_DSC2943.jpg

 

_DSC2944.jpg

 

来年も椿祭に・・・できれば飲めるようにして、またお邪魔させていただければと思います。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:伝統芸能

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

女春駒

_DSC2241.jpg

 

_DSC2242.jpg

 

_DSC2243.jpg

 

_DSC2244.jpg

 

_DSC2249.jpg

 

_DSC2253.jpg

 

_DSC2259.jpg

 

_DSC2265.jpg

 

_DSC2267.jpg

 

_DSC2272.jpg

 

_DSC2278.jpg

 

_DSC2282.jpg

 

_DSC2293.jpg

 

4月21日、野浦春駒保存会による『春駒』を観させていただきました。

 

佐渡の春駒には、『女春駒(夏春駒とも)』と『男春駒』があり、相川の春駒は乗馬形の『男春駒』。

 

男春駒は何度か観たことがありましたが、女春駒を観るのは、これが初めてでした。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:伝統芸能

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:photo

2017.4.15 南片辺祭

_DSC1789.jpg

 

4月15日は春祭。

 

南片辺、石花、後尾、北川内、北立島、千本、高下、小田と、芸能を求めて歩きます。

 

まずは、南片辺から。

 

_DSC1795.jpg

 

_DSC1796.jpg

 

長刀。

 

_DSC1798.jpg

 

御太鼓。

 

_DSC1799.jpg

 

_DSC1801.jpg

 

_DSC1807.jpg

 

_DSC1811.jpg

 

_DSC1816.jpg

 

_DSC1822.jpg

 

昔の鬼太鼓の形が残る、片足をあげて打つ太鼓。

 

_DSC1825.jpg

 

_DSC1827.jpg

 

_DSC1828.jpg

 

_DSC1831.jpg

 

_DSC1835.jpg

 

_DSC1836.jpg

 

_DSC1838.jpg

 

_DSC1847.jpg

 

_DSC1851.jpg

 

_DSC1854.jpg

 

_DSC1862.jpg

 

_DSC1864.jpg

 

_DSC1867.jpg

 

_DSC1868.jpg

 

_DSC1869.jpg

 

_DSC1871.jpg

 

_DSC1872.jpg

 

_DSC1875.jpg

 

_DSC1877.jpg

 

_DSC1878.jpg

 

_DSC1879.jpg

 

_DSC1881.jpg

 

_DSC1882.jpg

 

_DSC1885.jpg

 

_DSC1886.jpg

 

_DSC1891.jpg

 

_DSC1892.jpg

 

_DSC1893.jpg

 

あまり長くはいられません。

 

次の祭へ、太鼓の音を頼りに北上してゆきます。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:伝統芸能

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:和太鼓

お天気の良い土日

_DSC2521.jpg

 

お天気の良い土日でした。

 

新穂青木おやつ店からの帰り、くんなかの田んぼ道。

 

_DSC2522.jpg

 

大事な親戚のバアが亡くなり、空とは反対に落ち着かない心内の土日でした。

 

まだしばらく、落ち着かない日々がつづきます。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

新穂青木おやつ店

_DSC2491.jpg

 

2月17日にオープンした『新穂青木おやつ店』。

 

こちらで使われている佐渡産小麦、その生産者の方から小麦作りの苦労話など聞いていたものですから、ずっと気になっていました。

 

_DSC2493.jpg

 

_DSC2495.jpg

 

_DSC2496.jpg

 

_DSC2497.jpg

 

_DSC2500.jpg

 

_DSC2502.jpg

 

_DSC2504.jpg

 

_DSC2506.jpg

 

_DSC2507.jpg

 

_DSC2508.jpg

 

_DSC2509.jpg

 

_DSC2510.jpg

 

_DSC2514.jpg

 

焼き上がりの時間に合わせて来られると、もっといろいろな種類のパンを楽しめそうです。

 

素材が良いのはもちろん、丁寧に作られていることが感じられます。

 

ここのおやつ、美味しいですよ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:美味しいパン

 

中堀亭ランチ(畑野)

 

日替わり定食と、牛すじキーマカレーとで、頭を悩ましながら入店。

 

どちらも売り切れという...遅い時間に入った自分が悪いのですけれども。

 

 

かつ丼です。

 

タレカツも美味いのですが、この卵でとじたやつの、

 

カツと卵と飯をまとめてかっ込む、丼の醍醐味と言いますか、気持ち良さまでも味わえます。

 

中堀亭さんの料理は、ちょっとだけ濃いめの味付けが魅力でして、

 

食べ終えたときに「飯食ったぞ!」という満足感に浸ることができて好きです。

 

 

数年前、激しいストレスと闘っていた頃、よく中堀亭の焼肉丼を食べていた記憶があります。

 

舌と胃だけでも、幸せでありたかったのかな...

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

雪の日のあとで

_DSC1491.jpg

 

1月11日の夜から、どかっと降った雪。

 

_DSC1492.jpg

 

明けて12日の朝、スコップ片手に消火栓まわりの雪かきに歩いていました。

 

_DSC1493.jpg

 

雪の重みに圧された竹が、見事なトンネルを拵えておりましたが、

 

雪かきが済んだ頃には元に戻っていて、写真はありません。1回だけ潜って楽しみました。

 

_DSC1494.jpg

 

_DSC1495.jpg

 

_DSC1496.jpg

 

_DSC1497.jpg

 

_DSC1498.jpg

 

_DSC1499.jpg

 

少しだけ時間が空いて、跳坂へ。

 

_DSC1503.jpg

 

_DSC1504.jpg

 

_DSC1509.jpg

 

翌々日の14日、消防出初式からの帰りです。

 

_DSC1513.jpg

 

雪だるまには、ツノと海藻の頭髪。

 

_DSC1516.jpg

 

島の浜辺に良く合います。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:photo

金福の猫に名前はまだ無いのである。

_DSC1462.jpg

 

しばらく間が空いておりました。2018年最初の金福です。

 

_DSC1464.jpg

 

冬期限定メニュー『煮込み』を求めてやって参りましたが、この日も煮込みにはフラれた次第であります。

 

しかし、正肉からはじまり、トマト巻き、砂肝・・・と、美味い串をいただくうち、煮込みへの拘りは薄れてゆきます。

 

_DSC1466.jpg

 

_DSC1468.jpg

 

_DSC1469.jpg

 

_DSC1472.jpg

 

_DSC1473.jpg

 

新年の抱負を『酒と女は2合(号)まで』と、大きく掲げた訳ですが、マスターには笑われてしまいました。

 

「ゼッタイムリ」だそうです。

 

_DSC1474.jpg

 

_DSC1476.jpg

 

_DSC1480.jpg

 

_DSC1481.jpg

 

初対面の猫。

 

金福だからキンだとか、猫だからタマだとか、名前はキンとタマとの間で揺れていたようですが、

 

まだ、決まってはいないようです。

 

ちなみに、底をのぞくと『まねき猫又2号』と刻まれてありました。

 

酒も女も猫又も。2号の当たり年です。

 

_DSC1483.jpg

 

_DSC1484.jpg

 

美味そうだな...と思い、写真を撮っていると、隣から聞こえてきたのは、

 

「出てきたのを、そのまま撮ってるよね」

 

お皿を動かしたり、小物を入れて演出したり、そういうのしないよね〜と。

 

たしか、

 

料理人が一番美味しく見えるように出してくれてるのだから、素人の自分が何かするより、そのまま見えるように撮るのが良いのだ。

 

とか、そんなもっともらしい答えが口から出たのですが、

 

ただ、早く串に齧り付きたいだけだと思いますので、みなさん大いに試行錯誤して良い写真をお撮りになってください。

 

できれば、冷めないうちに。

 

_DSC1489.jpg

 

_DSC1490.jpg

 

この夜は、ダンコたる決意のもと、金鶴を2合でストップしました。

 

今年に入って2合までを守れたのは、今のところ、この夜だけです。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:日本酒