2016.11.13 佐渡の伝統芸能 鬼太鼓と風流『大倉 江戸時代の鬼太鼓』

_DSC7346.jpg

 

『大倉 江戸時代の鬼太鼓』の芸能実演解説会が、両津・あいぽーと佐渡で開催されました。

 

現代の伝統芸能を江戸時代の絵図と比較しながら、そのルーツを探ります。

 

全4回シリーズの第1回目ということで、年明けに2〜4回目の開催が予定されています。

 

平成29年1月29日(日) 北田野浦 花笠踊

平成29年2月26日(日) 宿根木 チトチントン

平成29年3月12日(日) 前浜型鬼太鼓

 

また、平成29年3月31日まで、あいぽーと佐渡 2階 展示室にて『鬼太鼓の世界展』を展示中です。

 

_DSC7349.jpg

 

_DSC7351.jpg

 

_DSC7354.jpg

 

_DSC7356.jpg

 

大倉集落のご好意で、祭の芸能を一通り披露していただきました。

 

_DSC7357.jpg

 

_DSC7358.jpg

 

_DSC7359.jpg

 

道具の解説なども。

 

_DSC7361.jpg

 

用意された席は、ほぼ埋まっていたと思います。

 

祭を見られただけで、大満足です。

 

_DSC7362.jpg

 

会場を後にし、鷲崎まわりで走っていると、突然の豪雨。

 

20度近くあった気温が、一気に5度ほど下がりました。(車の気温計なので正確かどうか分かりませんが)

 

大倉祭の神さんは、北風に乗ってやってくると言われますが・・・祭の芸をやったもんし、神さん覗きに来たんだかしれん。

 

_DSC7364.jpg

 

_DSC7366.jpg

 

1月の北田野浦も楽しみです。

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:伝統芸能

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:写真

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL