上手に写真を撮るためのコツっぽいものアレコレ

10月8日(土)、「島の写真好き」として、真野・潮津の里へ招かれておりました。

 

さど女子ファンクラブのモニターツアー『山に海に魅力の島を見て撮って体感』というツアーの中で、

 

写真を撮るときのコツのようなものを教えて欲しいと・・・

 

写真のプロでも無いし、仕事だって忙しいし、まあ、即答で断りますね。依頼主が美人じゃなければ。

 

_DSC4051.jpg

 

という訳で、即答で承ってしまいました。

 

準備不足と慣れないしゃべりで、伝えたいことの半分も話せなかった気がします。

 

補足と、備忘録も兼ねて、ここにメモしておきます。

 

 

1枚目の写真は、跳坂からの風景。島らしい風景、自分ちの説明など、こんなに便利な写真はありません。

 

絶景だらけの外海府は、写真家をダメにするところでもあります。だって、どこをどう撮っても綺麗なんですもの。

 

 

【霧の天然杉】

 

01DSC_0019.jpg

 

このツアー、翌日は石名の山へ上がると聞いていました。

 

翌日の天気予報は...雨雲が出そうで、参考になるよう雨や霧の日の写真を探してみました。

 

低い位置から、枝の広がりが分かるように。

 

02DSC_0020.jpg

 

横から見ると、こんな感じの枝ぶりです。

 

03DSC_9986.jpg

 

大木は全体をフレームに入れたくなりますが、

 

04DSC_0011.jpg

 

好きなコケの部分に寄ってみたり、

 

05DSC_0028.jpg

 

雰囲気のある部分に絞ってみたり、

 

06DSC_2196.jpg

 

幹と幹の間を利用してのフレーム効果、異世界感を出してみたり。

 

このときは、木や風景を「人のように」撮ろうと考えていました。

 

07DSC_0042.jpg

 

お天気の優れない日は、霧を活かして幻想的(←この言葉、安易で好きじゃありませんが)に撮るのがよろしいかと。

 

08DSC_9993.jpg

 

僕の知り合いは、巨木の肌艶にあやかりたいと触っていました。

 

09DSC_0005.jpg

 

雨上がりなんかは、つやつやで素敵です。

 

10DSC_0039.jpg

 

つやつやのてらてら。

 

11DSC_0153.jpg

 

雨のあとの魅力は、この水滴。

 

12DSC_0012.jpg

 

杉葉の先に、ちょこんと雨しずく。

 

13DSC_0048.jpg

 

逆光で寄ってみると、コントラストが高まって浮き出たように見えます。

 

14DSC_0135.jpg

 

山の楽しみは巨木だけじゃなく、控えめな植物たちを探すのも楽しいです。

 

15DSC_0103.jpg

 

16DSC_0095.jpg

 

17DSC_0112.jpg

 

さど女(←勝手に略します)のみなさん、どんな写真が撮れたのでしょうか。

 

 

【光を描こう】

 

"Photograph" は「光で描く」ってこと。カメラを手にしたら、いつも光の向きや強さを意識すると良いと思います。

 

01_DSC7633.jpg

 

岩首の棚田。水平線から、朝陽が顔を出したところ。

 

まともにカメラを向けると、フレアやらゴーストやら余計な光が写ってしまうため、いろいろと工夫をしています。

 

02_DSC8910.jpg

 

相川・春日崎、石灯籠と薄明光線。

 

雲間からでも太陽光は明るいので、かなり暗めに撮っています。

 

03_DSC5355.jpg

 

願の田んぼ。1枚前のとカブってましたね・・・

 

04_DSC6191.jpg

 

大佐渡スカイライン。

 

05_DSC6237.jpg

 

とてもお手軽に、感動的な雲と光の風景を見ることができます。オススメ。

 

06_DSC6195.jpg

 

大佐渡スカイラインの道中、道遊の割戸が見えるポイント。

 

夕陽の頃、金山が金色に染まり、向こうに望む海も金色、なんだかめでたい風景です。

 

_DSC4423.jpg

 

こちらは、虫谷の入江。

 

_DSC5763.jpg

 

たまたま、光の射す瞬間に居合わせました。

 

08_DSC3607.jpg

 

外海府の海岸線に咲く岩百合。光の入れ方で、印象が変わってきます。

 

09_DSC3621.jpg

 

11DSC_1099.jpg

 

12DSC_2117.jpg

 

石名の田んぼ。こんな水面があれば、カメラを低く構えて水鏡に。

 

13DSC_1879.jpg

 

雲自体も、光を受け止めるに良い素材です。

 

特に秋、様々な形の雲が、光を受けて輝いています。

 

14_DSC9133.jpg

 

太鼓の面が、レフ板の代わりになっています。光を反射するものは、なんでも便利に使いましょう。

 

15DSC_2553.jpg

 

雪のあるシーンでは、雪があっちこっちから光を反射してくれます。肌が明るくなり、人を撮るのに最高です。

 

16_DSC3240.jpg

 

夜、いろんな光が入っています。星空、雲海に映る人工光、その向こうは新潟の灯。

 

17DSC_7930.jpg

 

夜の乙和池。昼間は上からの光が強過ぎるので、思い切って夜の撮影。ほとんど真っ暗なので、光がほぼ均一です。肉眼では暗闇ですが。

 

 

【人を入れて撮ろう】

 

_1_DSC6075-HDR.jpg

 

相川・北沢浮遊選鉱場跡のライトアップ。これはこれで、遺跡中心で良いのですが、

 

_2_DSC4951.jpg

 

人のシルエットが重なると、なんと言うか、ストーリーが感じられます。美しいお嬢さんのシルエットなら、なおのこと。

 

_3_DSC4166.jpg

 

岩首・竹灯りの集い。竹灯籠だけでも美しく、そこに星空と、さらに浴衣の美女。じっと海を見つめていました。

 

_4_DSC4856.jpg

 

小田のひまわり畑。親子が見えると、ちょっと微笑ましい写真になりますね。

 

_5_DSC4510.jpg

 

夕暮れどきの千畳敷。コントラストを上げて、影絵のように。

 

_6_DSC4483.jpg

 

かわいいかわいい後輩です。カメラを構える女子の姿が、大好きです。単焦点でマニュアルピント合わせしてたら、個人的には満点です。

 

 

【視点を変えてみよう】

 

4_01_DSC0218.jpg

 

先ほども紹介した北沢浮遊選鉱場跡。地元にあると慣れてしまい、いつしか、行くのはライトアップのときだけに。

 

いつもと違う角度から見てみると、ちょっと新鮮です。紅葉でカラフルになるのも発見でした。

 

4_02_DSC4228.jpg

 

岩首の村と、天の川を一緒に写したくて、漁港の先端の行けるところまで行ってみました。

 

だいたい、人の行かないところへ行くと絶景が待っています。ただし、安全第一で、危なそうなら引き返すこと。

 

4_03_DSC4153.jpg

 

飛び込む子どもと、海の青さ、同時に撮りたくて岩場をよじ登りました。

 

「こんな写真が撮りたい!」というイメージがはっきりしていると、どう動いたら良いのか分かるのですが、

 

はっきりしないうちは、いろいろ動いてたくさん撮って、その中から自分の求めるものを探って行くのが良いと思います。

 

4_04_DSC5341.jpg

 

2016年、一番たくさん撮った花は、秋桜でした。

 

気どらない、かわいらしい花です。

 

視点を変えることで、表現の幅が広がる花だと思います。

 

4_05_DSC6272.jpg

 

4_06_DSC5846.jpg

 

4_07_DSC5326.jpg

 

4_08_DSC6270.jpg

 

4_09_DSC6559.jpg

 

逆光で透かすの、好きです。

 

好きな構図になるまで、好きな色が出るまで、いろいろ試してみましょう。

 

 

【カメラの設定をいじってみよう】

 

5_01DSC_5476.jpg

 

最近のカメラは優秀ですが、ときどき気持ちを汲んでくれません。

 

オートで撮ると、奥の木々にピントが合いますが、僕の目は雪を見てたんですよね。

 

そうなると、マニュアルでピントを合わせるしかありません。

 

5_02_DSC4136.jpg

 

波打ち際のきらめきも、カメラは砂利を写そうとします。

 

目に映るきらめきを撮りたいときは、カメラのオート設定を疑ってください。

 

ピントのほかにも、絞り、露出、感度、フラッシュのON・OFFなどなど。

 

とりあえず難しいことを考えたくなければ、絞り優先にして、絞りを少しずつ変えて、撮っては確認、撮っては確認・・・ですね。

 

慣れてきたら、次は露出を少しずつ変えて・・・白は白く、黒は黒く撮れるよう気をつけています。

 

 

【テーマを決める】

 

6_01DSC_0371.jpg

 

姫崎灯台。

 

6_02DSC_0518.jpg

 

長手岬灯台。

 

6_03DSC_2390.jpg

 

沢崎鼻灯台。

 

数年前、島内の灯台を撮って歩いていました。道標が欲しかったのでしょうか・・・今となっては分かりませんが。

 

写真は、どう撮るかという技術以前に、何を撮るかということ、テーマ設定が大切だと思っています。

 

灯台なら灯台とテーマを決めて撮り続けていると、ただただ撮り続けたことが、意味のあることになりますし、

 

写真を続ける動機にもなり得ると思うんです。長く続けるためのテーマ設定。長く続けると、だいたい上手くなります。

 

好きなものを撮るのが、良いと思いますよ。

 

 

【最後に】

 

99_DSC6009.jpg

 

さんざ上手に撮るコツみたいな話をしていましたが、正直なところ、ピンボケでもブレブレでも良いんです。

 

良い写真かどうかなんて、自分が決めることなんですから。

 

僕は、この写真を撮っているとき凄く楽しくて、もう、設定なんか関係なく反射的にシャッターを切っていました。

 

そのときの「楽しい」が写ってる気がして、好きな写真です。

 

好きなものに出会ったとき、楽しくて仕方がないとき、右手にカメラがあったら、良い写真が撮れるに決まってます。

 

失敗しても良いんです。たくさん写真を撮ってください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント

知り合いのFBにこちらのサイトの写真が使われていたのでこのサイトを知る事が出来ました。私は佐渡出身者では無いのですが妻の実家が佐渡なので最近は2拠点生活のように佐渡に通っています。久々に魂が震えるような写真に出会えて興奮しております。お正月は佐渡に行くのが楽しみです。

  • 春木宗一
  • 2016/11/29 18:09

青木様

コメントありがとうございます。
写真は素人ですが、趣味でよく撮っています。佐渡は、魅力的な風景が多く、飽きることがありません。
冬の佐渡でも、良い風景に出会えると良いですね。

  • lllo
  • 2016/11/29 19:18
トラックバック
この記事のトラックバックURL