2015.2.14『ダコタが飛んだ!』たかち保育園作品展

たかち保育園の作品展へ、行ってきました。

保護者でもないのに。

「こーれくらい!(←両手を広げて)おおきなダコタをつくったよ!」

という、園児たちの話を聞いたものですから、どうしても見たくなっちゃいまして。

DSC_5839-1.jpg

ダコタが、飛んでいました。

予想を超える機体の大きさに、しばらく「おぉ!」と「すごい!」しか、言葉が出てきませんでした。

DSC_5846-1.jpg

ノーズアートも、再現されてあります。

DSC_5843-1.jpg

ダコタセットには、現在の高千地域が広がっていました。

高千小学校。校舎の形も忠実に。

DSC_5856-1.jpg

南片辺トンネル。車両も見えますね。

DSC_5844-1.jpg

映画『飛べ!ダコタ』のシーンが再現されており、海岸には石を運んで作った滑走路が。

DSC_5859-1.jpg

入崎の灯台。ちゃんと灯が点っています。

DSC_5845-1.jpg

ブルーシートの海には、イカとタコと・・・マグロかな?ブリ?

DSC_5847-1.jpg

メイキングまで!

DSC_5848-1.jpg

映画のパンフレットを見ながら、園児たちの制作は進められたそうです。

DSC_5841-1.jpg

ステージ上に見えた「ひらじょうばたけ」の文字。

高千のもんなら、誰もが知るところ、ひらじょうばたけ!!

DSC_5842-1.jpg

今年度の保育計画の中で、子どもたちとともに地域のことを知ろう!ということで、

いろいろと調べたり、語り部のバアから話を聴いたりしてきたのだそうです。

そこで、英国機不時着の話(『飛べ!ダコタ』のもとになった、高千地区で実際にあったお話)や、

夕鶴(昔話『鶴の恩返し』のルーツ。高千地区で採話され全国に広まった)を題材にした展示を企画したのだとか。

夕鶴のストーリーが、ずらーっと並んでいました。

DSC_5858-1.jpg

たかち保育園に、確かにダコタが飛んでいました。

高千色の溢れる、素敵な作品展でした。


 
JUGEMテーマ:ご当地イベント
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:photo
JUGEMテーマ:写真
コメント

「ひらじょうばたけ」っていうのがウケました :)
ススキ(オギ?)とキノコとカタツムリがよほど印象的だったんでしょうね。
子供の着目点はいつも予想外でびっくり。
大人の作るきれいな観光ポスターよりも、こっちのほうが「一度登ってみたくなる」雰囲気を出してます。脱帽。

  • shirota
  • 2015/02/16 22:09

山遠足の休憩場所といえば「ひらじょうばたけ」。これは高千のデファクトスタンダードであります。
ダコタも平城畑も良いですよね。子どもの作るものには勝てません。

  • lllo
  • 2015/02/17 12:11

ひらじょうばたけにあるのは
カタツムリで無く 切り株でした😣
あしからずm(_ _)m

自然豊かな高千が大好きなんです。

  • masamama
  • 2015/02/22 22:30

>masamamaさん

コメントありがとうございます。
失礼いたしました。また久しぶりに平城畑へ登ってみたいと思います。

  • lllo
  • 2015/02/23 12:15
トラックバック
この記事のトラックバックURL