相川・松榮家の鯉のぼり(2017.4.30-5.7)

_DSC9141.jpg

 

平成29年4月30日、佐渡金銀山の世界遺産登録を祈念して、相川・松榮家の鯉のぼりがあげられました。

 

この鯉のぼりがあがるのは、平成17年以来、じつに12年ぶりだそうです。

 

5月7日の午前10時から、片付けに入るとのこと。

 

この連休中に、ぜひ相川で鯉のぼりをご覧になってください。

 

_DSC3135.jpg

 

午前10時、松榮家へお邪魔すると、鯉のぼりをあげる庭の松の木の剪定と、竿の頭部分の飾り付け作業中でした。

 

_DSC9120.jpg

 

_DSC3154.jpg

 

_DSC3136.jpg

 

お屋敷の中では、10メートルはありそうな鯉のぼりと吹き流しが広げられていました。

 

_DSC3142.jpg

 

作業に来られた方へ、お茶とお菓子の気遣い。

 

_DSC3148.jpg

 

_DSC3149.jpg

 

_DSC3150.jpg

 

_DSC3155.jpg

 

_DSC3156.jpg

 

_DSC9121.jpg

 

_DSC9123.jpg

 

_DSC9124.jpg

 

_DSC9125.jpg

 

_DSC9134.jpg

 

_DSC9135.jpg

 

_DSC9136.jpg

 

_DSC9137.jpg

 

_DSC9140.jpg

 

_DSC9142.jpg

 

_DSC9143.jpg

 

お屋敷の奥に、竿が仕舞われてありました。

 

この長さと太さ、竿というより、ほとんど柱。

 

_DSC9144.jpg

 

_DSC3157.jpg

 

_DSC3160.jpg

 

_DSC3161.jpg

 

_DSC3162.jpg

 

_DSC3163.jpg

 

_DSC3164.jpg

 

_DSC3165.jpg

 

_DSC3166.jpg

 

_DSC3167.jpg

 

_DSC3168.jpg

 

一度、塀を越えて竿を外へ出します。

 

_DSC3169.jpg

 

_DSC3170.jpg

 

_DSC3171.jpg

 

_DSC3172.jpg

 

_DSC3173.jpg

 

_DSC3174.jpg

 

出切ったところで、立てる位置へ搬入。竿が長いため、こうしないと入りません。

 

_DSC3175.jpg

 

_DSC3176.jpg

 

_DSC9146.jpg

 

竿の先を屋根へあげ、ここで竿の頭が付けられます。

 

_DSC9148.jpg

 

_DSC9149.jpg

 

_DSC9151.jpg

 

さながら、祭の幟立てのようです。

 

_DSC9153.jpg

 

_DSC9154.jpg

 

_DSC9155.jpg

 

_DSC9156.jpg

 

_DSC9157.jpg

 

_DSC3177.jpg

 

_DSC3178.jpg

 

_DSC3180.jpg

 

竿に結わえたロープを、二手に分かれて引き上げます。

 

_DSC3181.jpg

 

_DSC3183.jpg

 

_DSC3184.jpg

 

_DSC3187.jpg

 

_DSC3188.jpg

 

_DSC3189.jpg

 

竿が立てられました。映画『飛べ!ダコタ』のワンシーンを思い出しました。

 

_DSC3190.jpg

 

_DSC9160.jpg

 

_DSC9162.jpg

 

_DSC9163.jpg

 

_DSC9164.jpg

 

_DSC3191.jpg

 

_DSC3194.jpg

 

_DSC3195.jpg

 

_DSC9165.jpg

 

_DSC9167.jpg

 

_DSC9168.jpg

 

_DSC9169.jpg

 

_DSC9170.jpg

 

_DSC3197.jpg

 

鯉のぼりが、あがってゆきます。

 

_DSC3198.jpg

 

_DSC3199.jpg

 

_DSC3200.jpg

 

_DSC3203.jpg

 

_DSC3205.jpg

 

_DSC3209.jpg

 

_DSC3210.jpg

 

_DSC3211.jpg

 

_DSC3213.jpg

 

_DSC3215.jpg

 

大きな大きな鯉のぼり。この高さの竿でも、屋根に触れそうなギリギリのところ。

 

_DSC3216.jpg

 

 

 

 

_DSC9172.jpg

 

_DSC9173.jpg

 

_DSC9174.jpg

 

_DSC9179.jpg

 

_DSC9180.jpg

 

_DSC9182.jpg

 

_DSC9186.jpg

 

_DSC9193.jpg

 

_DSC9195.jpg

 

春の風に、相川の空に、鯉のぼりが泳いでいます。

 

_DSC3222.jpg

 

作業終了後、集まったみなさんに振舞いがありました。

 

大変な人数の必要な仕事です。

 

これだけの人(40人くらいはいたかな)が喜んで集まってくれるのは、

 

松榮家が相川の旧家・名家というだけでなく、奥様やご家族の人柄があってのことと思います。

 

一緒になって飲・・・祝いたかったのですが、この日は用事がありまして。

 

 

 

12年ぶりの鯉のぼり、次は何年後か...などと話をしておりましたが、

 

佐渡金銀山が世界遺産登録となれば、また、お祝いにあがるのかなと。

 

次に松榮家の鯉のぼりがあがるのは、そう遠くない未来でしょう。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:photo

JUGEMテーマ:新潟県

JUGEMテーマ:ご当地イベント

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL